CATEGORY

サプリメントの選び方

  • 2020年12月6日
  • 2020年12月6日

ホエイ、ソイだけじゃない!様々なプロテインを紹介!

卵や牛乳アレルギーで卵やホエイプロテインが摂取できないという方のためにいろいろなプロテインの種類を紹介しました。ブラウンライスプロテインやボーンブロスプロテインなど聞いたことのないマニアックなプロテインも紹介していますよ!

  • 2020年11月28日
  • 2020年11月28日

コラーゲンは無意味⁉コラーゲンの効果を上げる飲み方を紹介!

以前までコラーゲンは摂取してもアミノ酸に分解されてしまうから意味がないと言われていましたが、最近ではプロリンとヒドロキシプロリンのジペプチド、もしくはこれにグリシンを加えたトリペプチドを摂取することで体内のコラーゲン合成が高まることがわかってきました。さらに、ビタミンCとアルギニンも一緒に摂れれば理想的です。

  • 2020年11月28日
  • 2020年11月28日

two per dayに他の成分を足すとしたら何が良いですか?

iHerbのマルチビタミン&ミネラルの中で最強のコストパフォーマンスが良いLife Extension社のtwo per dayですが、これに単体の栄養素を足すとしたら何が良いのでしょうか?two per dayは抗酸化成分の種類と含有量があまり多くないのでそういったものを足したり、ビタミンCを足すと良いと思います。

  • 2020年11月1日
  • 2020年11月1日

フィッシュオイルは時代遅れ?高品質なクリルオイルを選ぼう!

フィッシュオイルに含まれるオメガ3系の脂肪酸は酸化しやすく、また魚に含まれる重金属による害も懸念されるところです。しかし、クリルオイルは南極のオキアミから獲れるオメガ3で食物連鎖の最下層に位置するため重金属汚染の懸念が少なく、アスタキサンチンの抗酸化作用によって酸化レベルも低いのが特徴です。

  • 2020年10月25日
  • 2020年10月25日

【疲労回復効果抜群!】ニンニクとビタミンB1の関係に迫る

糖質は体のエネルギー源になりますが、しっかり代謝できないと意味がありません。糖質を代謝する際に必要なのはビタミンB1ですが、水溶性で体に吸収されにくいという問題点があります。そこでオススメなのがニンニクなどの臭気成分に含まれるアリシンという成分。これはビタミンBを脂溶性に変化させ、ビタミンB1の吸収を上げ、さらには糖質代謝を助け、疲労回復にも一役買います。

  • 2020年10月4日

様々な種類がある亜鉛の選び方

亜鉛は免疫システムをサポートしたり、肌の健康を保つ上で重要な微量栄養素です。いろいろ種類があって購入の際に悩みがちな亜鉛について紹介しました。選ぶポイントは3つ。亜鉛の種類、サプリメントの形態、摂取量です。錠剤が苦手な方はトローチや液体での摂取も検討してみてください。

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月3日

いろいろありすぎてわからない!マグネシウムの種類とその効果まとめ

マグネシウムのサプリメントではいろいろな形態があって何を買ったらいいのかわからなくなりますよね。そこで今回はマグネシウムの形態、種類とその効果についてまとめました。マグネシウムは吸収率を上げるためにキレート化(アミノ酸などとの化合物とすること)されていることが多いのですが、この相方を考えることで理解が深まりますよ!

  • 2020年9月4日

【質問】ライフフォースに単体で足すべきビタミンはありますか?

ライフフォースのマルチビタミンを利用する場合に単体で足すべきビタミンはありますか?という質問が届きました。私の場合はライフフォース1日4錠のところを2錠にして、その分単体のビタミンを補っています。その方が摂取タイミングが選べたり、体の反応が見やすいからです。

  • 2020年9月1日
  • 2020年9月2日

【iHerbで買える】オススメのマルチビタミン&ミネラル4選

iHerbで購入できるマルチビタミン&ミネラルを比べてみました。私がオススメするのはトゥーパーデイ、ライフフォース、エランバイタル、アニマルパックの4種類です。ぜひ、自分に合ったマルチビタミン&ミネラルをを選んでみてください!また、マルチビタミン&ミネラルはできるならばカプセルタイプをオススメします!

  • 2020年8月5日

最強の抗酸化サプリ!αリポ酸の効果と選び方を紹介!

αリポ酸ほとんどの活性酸素に働き、さらにビタミンCやビタミンEのリサイクルを促すため「マザー抗酸化物質」と呼ばれています。しかし、通常のαリポ酸にはS体とR体が半々で含まれており、体内で作用するのはR体のみ。さらに、S体の悪影響が懸念されているため、購入する際はR体のみを含んだαリポ酸を選びましょう。