【シミを防ぐ栄養素を紹介】2つの原因に別々に対処することが重要

このページを読むとわかること

・シミの原因にはメラニン型とリポフスチン型の2種類がある

・メラニン型にはビタミンC、リポフスチン型にはビタミンEがオススメ

・ビタミンC、Eは相互作用で助け合って働くので併用するのがオススメ

シミには2種類ある

まずシミには大きく分けて2種類の原因があります。それぞれの発生メカニズムを復習しましょう。

メラニンが原因となるもの

この場合のシミは肌に黒色メラニンが過剰に蓄積し、肌が部分的に茶色に見える状態を言います。 

この黒色メラニンは紫外線による肌のダメージを未然に防ぐためであり、肌トラブルや皮膚がんなどの病気を防ぐために重要なものです。

しかし、一方で紫外線を浴びすぎたり肌のターンオーバーのサイクルが乱れたりすると黒色メラニンが過剰になります。この過剰に蓄積された黒色メラニンがシミの原因となるのです。 

リポフスチンが原因となるもの

一方でリポフスチンという物質が原因となる趣味もあります。これは別名「老人性色素斑」と言われリポフスチンという老化色素の蓄積でできています。

つまり、年齢を重ねるごとに増えるシミはリポフスチンが原因です。

では、このリポフスチンはどのようにして作られるのでしょうか。

私たちの体の中には不飽和脂肪酸が存在しています。

この不飽和脂肪酸は時に体の中にある酸素と結びつき(自動酸化)、過酸化脂質に変化します。この過酸化脂質がタンパク質と結合するとリポフスチンが作られるのです。 

シミの対策

さて、ここまでシミには2種類の原因があるということを書いてきましたが、それぞれの原因に的を絞って対策をしなければなりません。 

メラニンが原因のシミへの対策

メラニンが原因のシミに対してはビタミン C が有効です。

ビタミン C はメラニンの生成を抑えるとともに黒色メラニンを薄くする働きもあります。

また、アミノ酸の一種であるシステインも有効で肌細胞の新陳代謝を助けメラニン排出を促進します。

一方でシステインはメラニンの生成を防ぐということから髪の毛のメラニンの生成まで防いでしまい白髪の原因になるという説もあります。(この説はまだ研究段階で立証されているとは言えませんが)

心配な方は髪の毛の栄養となるビオチンを併用することをお勧めします。

つまり、メラニンが原因への指名の対策はビタミン C 、システイン、ビオチンという3セットになります。 

システインは体への吸収を高める「アセチル化」という手法を施したものがオススメです。N-アセチルシステイン、通称NACとして販売されています。

関連記事

このページを読むとわかること非必須アミノ酸だが、かなり体感の大きい「チロシン」について紹介集中力アップややる気アップに効果的シミの原因ともなる可能性。システイン+ビオチンで対策をチロシンとはチ[…]

 

口コミ

肌のために|NAC (Lake Avenue Nutrition)
肌のために使い始めました。白くなるというよりかは若い頃のような透明感が出てくすんだ感じが取れている気がします。白髪が増えたら嫌だなと思いチロシンも飲んでいます。効果が相殺されてなければ良いですが笑笑 今のところ肌も綺麗になり白髪も増えてないので私にはこの飲み方で合っていると思います。 ここのNACは安価なので助かりますね。

ビタミンCは3時間おきに1000㎎の摂取が理想的。脂溶性ビタミンCまで併用出来たらなお良いです。

関連記事

このページを読むとわかること・ビタミンCの1回の摂取量はどれくらいがベストか?・ビタミンCは摂れば摂るほど血中濃度が上がる・しかし、3倍摂れば3倍上がるとは限らない→もったいない・1回1000㎎がベス[…]

関連記事

このページを読むとわかること・同じ量のビタミンCを摂っても望む効果が出ない人もいる・確実に効果を出すためには大量のビタミンCを飲むことが重要・水溶性のビタミンCは3時間程度で体内の濃度が薄まってしまう[…]

リポフスチンが原因のシミへの対策

リポフスチンが原因のシミの最も根本的な原因は活性酸素です。

不飽和脂肪酸を体内に取り込むとその不飽和脂肪酸の自動酸化によって活性酸素が発生しシミとなります。

この不飽和脂肪酸の自動酸化を食い止めるのがビタミン E。 ビタミン E は不飽和脂肪酸に代わって自身が身代わりとなり酸化されることで、不飽和脂肪酸の過酸化脂質化を防ぎます。

当然内服のサプリメントも良いですが、ビタミンEクリームも効果的です。

口コミ

とても良い|Sundown Naturals、ビタミンEオイル、70,000IU

化粧水、乳液のあとに気になるシミに塗って寝ています。心なしかシミが薄くなってきている気がします。そして何より驚いたのが、皮膚炎になってしまった時に掻いてしまって肌が薄茶色くなってしまったのですが、このオイルを塗って1週間でだいぶ肌の色が元に戻ってきたこと。感激でした。傷痕が薄くなるのが早い気がします。少量で効果あるし、容量もたっぷりなので大満足です。


リピ確定|Sundown Naturals、ビタミンEオイル、70,000IU
他のレビューでもある通り、粘り気の強い水あめのようなオイルです。 握って絞ると出てきますが疲れるので、逆さに瓶を保管しておくとすぐに出てきます。 単体で使うとあまり広がらないので、他のジェルやオイルと一緒に使うと伸びがいいですね。 毎日使っていると肌のシミが気にならなくなります。ハリも出てくるのがいいですね。

ビタミンCとビタミンEのコンビネーション

ビタミン E は不飽和脂肪酸の身代わりとなり酸化されると書きましたが、これはすなわちビタミンEの殉職です。

ビタミン E は酸化されるとビタミンEラジカルという物質に変わってしまいます。

そのビタミン E ラジカルを生き返らせるのがビタミン C。 つまり、ビタミン EとビタミンC はアンパンマンとジャムおじさん(バタコさん)の関係に例えられます。

ビタミンEとビタミンCの関係

このように良いビタミン Cとビタミン E は切っても切り離せない関係なのです。

 

さらに賢明な読者の方には「フェントン反応」という言葉が頭に浮かんだでしょう。簡単に言うと体内に活性酸素の一種であるスーパーオキサイドが大量にある状態でビタミン C を摂ってしまうと、その活性酸素は過酸化水素に変わり、さらに悪い活性酸素であるヒドロキシラジカルに変わってしまうという反応です。

そのためビタミン C とビタミン E は併用することが一般的に推奨されています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。 

関連記事

このページを読むとわかること・活性酸素の一種であるスーパーオキサイドはストレスや運動で簡単に発生する・ビタミンCはスーパーオキサイドを過酸化水素と水に変える・過酸化水素はヒドロキシラジカルに変わる・ヒ[…]

とは言え、ビタミンEは脂溶性ビタミンですから体内の滞留時間が長いです。そのため、必ずビタミンCとEを同時に飲まなくてはならない!とシビアに考える必要はないと思っています。

しかし、体内に活性酸素が多い状態でビタミンCを摂ると拍車がかかるので

  • イライラしているとき
  • 空腹のとき
  • 寒さ、熱さを感じているとき
  • 運動中や運動後

にビタミンCだけを単体で飲むことは控えましょう。体内の活性酸素はストレスによって増えるからです。

iHerbの商品はすべて紹介コード「AAN2515」の利用で5%オフになります。
もちろん記事中で紹介した商品も対象!こちらのリンクからご購入ください↓↓