TAG

ビタミンC

  • 2021年1月17日
  • 2021年1月17日

ビタミンCの最も効果的な摂取方法とは?1000㎎を3時間おきがベスト!

ビタミンCは一度に大量に摂っても吸収率が悪くなると言われています。ある程度の吸収率を保ちながら、効率の良いビタミンC摂取ができるのが1回1000㎎という量。これによって血漿ビタミンC濃度一気に上げますが、それでも3時間もしたら下がってきてしまいます。そのため、「1回1000㎎を3時間おきに」というのがビタミンCの王道パターンと言えそうです。

  • 2020年5月10日
  • 2020年11月10日

フェントン反応って何?ビタミンCはビタミンEと一緒に摂るべし!

体内で最も発生しやすい活性酸素を「スーパーオキサイド」と言い、これはビタミンCによって除去されます。しかし、除去されたスーパーオキサイドは過酸化水素に変わり、さらにフェントン反応によって最凶の活性酸素「ヒドロキシルラジカル」に変化します。ヒドロキシルラジカルの除去に働くのがビタミンE。すなわち、ビタミンCとビタミンEは協調して働くため、同時摂取が基本となっています。

  • 2020年4月29日
  • 2020年11月10日

吸収率がビタミンCの○○倍⁉新しいビタミンC「リポゾーマルビタミンC」とは?

リポゾーマルビタミンCとはリン脂質(リポゾーム)で覆われたビタミンCのことで酸化や消化液からのダメージから守るので吸収率が高いビタミンCとして知られています。また、通常のビタミンCでは到達できないレベルにまで血中濃度を上げるのでアレルギーや風邪予防に効果的です。

  • 2019年10月27日
  • 2020年12月15日

メガビタミン理論の基本!ビタミンカスケードとパーフェクトコーディング理論って何?

ビタミンCは風邪を予防したり、抗酸化物質としての働き以外に、肌を白くする働きがあります。しかし、ビタミンの作用順序は人によって違うので、狙った効果を得るためには100倍もの個人差があるといわれています。ビタミンC摂取の基本は「少量をこまめに」です。

  • 2019年7月28日
  • 2020年12月15日

美白のための救世主、ビタミンCは脂溶性のものを選ぼう

ビタミンCは美白に効果があると言われていますが、それに対して効果的な摂取量は個人によって違います(ビタミンカスケード理論)。そのため、ビタミンCを大量に飲む必要がありますが、通常の水溶性ビタミンCは3時間程度で効果がなくなります。そこでゆっくりと吸収され効果が持続する脂溶性ビタミンCを紹介しています。